本当に青い海に会いたくて

"青い海に潜って すいすい泳ぐきれいな魚達を見てみたくてスキューバーダイビングのライセンスをとりました。
潜り始めた頃は、家からクルマで1〜2時間でいける近場の海で満足していました。潜れるというだけで楽しかったからです。ところが、回数を重ねるうちにだんだんにごりがある海だけではなく、透明度が高い、青い青い海で、熱帯魚のような魚に会いたくて、少しずつ遠出をするようになりました。
最初の大きな感動は、沖縄本島から船で1時間ほどの阿賀島に渡ったときのこと。
ダイビングボートから見える透き通った海に大興奮。憧れていたツバメウオも船のすぐしたにひらひらと泳いでいて、潜る前からアドレナリンでまくりでした。
海に入ると、そのツバメ魚だけでなく、リュウキュウカサゴやチョウチョウウオ、はぜ、すずめだいなどなど、たくさんの魚が気持ちよさそうに泳いでいます。
海の中にただよっていると、自分自身も青い海にとけこんでいるようで、日常のいやなことなんて、すっかり忘れてしまえるんです。潜るようになってから、うじうじ考え込むことがどんどん減ってきている気がします。
相変わらず普段は近場で潜っていますが、本当に青い海に会いたくなったら、迷わず飛行機に飛び乗って、沖縄 慶良間の阿賀島まで潜りにいってます。"